パーキンソン病勉強会・交流会「やじろべえ」

 箕面におけるパーキンソン患者、家族、関係者の集りとして昨年10月に第1回が開催された「やじろべえ」の第2回の案内をいただきました。
 今回の内容は「パーキンソン病の振戦症状について」という講義と交流会とのこと。前回は本人、家族以外にケアマネジャーやサービス事業者のかたの参加もあり会場がいっぱいでびっくりしました

 前回、中央包括支援センターでは担当させてもらっているパーキンソン患者のかたへは個別にお知らせさせてもらいました。参加されたかたからは、患者同士での横のつながりはあまりないのでこうした場がほしかったとの声を聞いています。

 同じ病気を持つ人同士で治療方法やリハビリのことなどを気軽に情報交換する場ということですので、身近にパーキンソン病のかたがおられましたら、ご本人、家族のかたへお知らせいただければと思います

 日時:平成26年3月1日(土)14時~16時(受付13:30~)
 場所:箕面市総合保健福祉センター(みのおライフプラザ)2階 大会議室
 主催:パーキンソン病の患者・家族
 協力:箕面市ケアマネ連絡会 



前回の様子 平日の夜の開催でしたが、70名近い参加があり大盛況

びわの会新年交流会

びわの会新年会
 

1月20日(月)箕面認知症家族の会「びわの会」の新年交流会で話をさせてもらいました。
内容は「箕面の介護サービスについて」制度やサービスがどんどん変わるなかで今の現状を教えてほしいとのご依頼をいただきました。
 当日は30名ほどの参加があり、今の高齢者福祉をとりまく状況と箕面における介護サービスについての概要をお伝えさせてもらいました。半日型の機能訓練型デイサービス小規模多機能居宅介護サービス付き高齢者住宅など介護保険当初にはなかったサービスや取り組みを中心にお話させてもらいました。

 参加者からは
「元気な状態の人が参加できるサービスはないのか」

「施設入所についてはたくさんある施設を家族がひとつずつあたらないといけないないのか」

 といった質問があり、街角デイハウスやはつらつアップ教室などの介護予防事業の紹介。施設探しについては家族が手続きする形にはなるが、施設探しについてもケアマネへまずは相談をとお答えさせてもらいました。

 後半の交流会では

・本人が家族に世話をしてほしいとの想いが強く、サービス利用に罪悪感を感じる
・施設入所をどうするかひとりで悩んでいたが、この会で相談して納得して決断することができた
 などの

 悩みやお話がだされベテラン介護者がアドバイスをされていました。

 家族の立場だからこそ共感しあえわかりあえる家族会ならではのやりとりを見させていただき、もっと多くの介護者にこうした場に来てもらえたらと感じました。

 制度の概要中心で物足りない内容に感じた方もいたとは思いますが、つたない話を聞いていただきありがとうございました。こんな内容で話をしてほしいとのリクエストがありましたら、どしどしご依頼ください

 今後とも地域包括支援センターをご活用ください、よろしくお願いします


青松園地区地域学習会を開催しました!

2月9日(日)青松園自治会館にて地域学習会として出前講座「今から始める老い支度」を開催しました。

 ひとり暮らし高齢者や高齢夫婦のみの世帯が増えるなかで、エンディングノートと成年後見制度について説明させてもらいました。

青松園講座
前半は中央包括支援センターから「わたしノート(箕面市版エンディングノート)について」
家族がいても遠方であったり、関わりが難しい人も多く、自身で元気なうちに老後の過ごし方などを決めておくことが必要であり、こうしたエンディングノートをつけることで老後について考えるきっかけにしてもらいたいとお伝えしました。

青松園講座4
リーガルサポート大阪 堀司法書士からの「成年後見制度について」
成年後見制度は判断能力が落ちてしまった人を対象にするイメージが強いですが、軽い段階からも利用できること、判断能力がある間にしておく任意後見制度もあることを事例を交えて話していただきました。
 後見人として仕事をされているなかで、「認知症等が重度になってから関わる場合、本人の人となりや想いなどがわからず何をしていくべきか悩む」そうしたことを伝える意味でもエンディングノートなどに記載してもらえれば支援しやすいとのことでした。

 今後も青松園地区のように高齢化が進んでいる地域を対象に出前講座をしていく予定です。
他の地域でも開催していきたいと思っていますので、ご希望がありましたら気軽にご連絡ください

 ちなみに3月3日(月)10時半~12時にも萱野東小コミュニティセンターで同様の講座を予定しています。興味のあるかたはぜひご参加ください

【問合せ】中央地域包括支援センター 727-9511

認知症サポーター養成講座

 こんにちは  ここ数日、本当に寒いですね 私もとうとう風邪をひいてしまいました。皆さんも風邪やインフルエンザなどの感染症には気を付けて下さいね。

 遅ればせながら、1月17日に箕面商店や箕面駅周辺のコンビニの方を対象に認知症サポーター養成講座を行いました
1390810893765.jpg
 

 今回は、今までと方法を変えて、支払いの場面で起こると困るであろう『財布がない!』『おつりをもらってない!』の2場面を紙芝居で説明し、“あなたなら、どうしますか?”ということを話し合って頂きました。

1390810917205.jpg

今年は、パソコンを使っての説明だけでなく、寸劇や紙芝居と少しでもわかりやすくお伝えできるよう工夫してみました。また、一度説明を聞いてみたいと思われたら、箕面市 高齢福祉課か地域包括支援センターにご連絡下さい
中央包括掲示板
プロフィール

中央地域包括支援センター

Author:中央地域包括支援センター
 地域包括支援センターは平成18年度に設置された高齢者の総合相談窓口です。
 中央地域包括支援センターは箕面市総合保健福祉センター(ライフプラザ)内にあり、箕面市社会福祉協議会が箕面市から受託運営しています。担当するエリアは萱野東、萱野北、萱野、中小校区(稲・船場西)です。
(住所)箕面市萱野5-8-1 ライフプラザ内
(電話)072‐727‐9511

最新記事
カレンダー
Flashカレンダー
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2013.1.4〜)
箕面社協ツイッター
検索フォーム
社協ブログ最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)