26年度 介護報酬の改定について

 4月から消費税が8%に増税されますね。この月末まとめ買いをされているかたも多いと思います
ご存じのかたも多いとは思いますが介護保険の報酬単価もこの増税に合わせて増額されます。
3月に国の告示があり4月からの報酬改定額が決定しました
今回の改定では、介護保険の各サービスの単価があがったことに合わせてサービスの負担支給限度額の枠も増える形となっています。

(1ケ月あたりの区分限度額の変更額)
 要支援1   49,700円 →  50,030円
 要支援2  104,000円 → 104,730円
 要介護1  165,800円 → 166,920円
 要介護2  194,800円 → 196,160円
 要介護3  267,500円 → 269,310円
 要介護4  306,000円 → 308,060円
 要介護5  358,300円 → 360,650円


このように少し増額されます。ちなみにお手元の介護保険証は差し替えはされず、読み替えてもらう対応となっていますのでご注意ください


 地域包括支援センターが要支援のかたを担当させてもらっての介護報酬もあがります。
4,408円 → 4,429円 (+21円)非常に微妙なあがりかたです

 デイサービスやホームヘルパーなどのサービス単価も変更になっていますので4月からの利用料負担が若干増える形になります新単価についてはケアマネや包括支援センター職員が説明しますので、詳細はその際にご確認ください

 この関係でそれぞれが契約している契約書の重要事項の差し替えなどの事務手続きが必要になってきます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします

中央圏域 第3回事業所ネットワーク会議

 3月17日(月)ライフプラザ大会議室を会場に今年度3回目の中央圏域介護事業所ネットワーク会議を開催しました。
 テーマは「虐待防止ネットワークについて」当日はケアマネ、デイサービス、ヘルパーなど20事業所21名の参加がありました。

第3回ネットワーク会議

 まず最初に高齢者虐待の現状と箕面市の対応の流れをお伝えし、虐待が起きてからの対応でなく不適切なケア段階からのアプローチにより防いでいくことの必要性についてお伝えさせてもらいました。

第3回ネットワーク会議2

 後半は各グループで架空の虐待疑い事例をもとに私ならこうするという対応方法やアプローチの工夫などについて意見交換をしてもらいました。

(出された意見)
・ケアマネジャーへの情報集約が大切
・ケアマネとしては、疑い段階で事実確認をしていくことは難しい
・介護者が気分転換できる場をもってもらう  など
 

介護者の疲労や精神状況、本人の栄養状態など虐待の兆候にいかに関係者が気づけるかが大切です。
今後もこうした場を積み上げていき、虐待につながる前にチームで介護者を支える虐待防止のネットワークをつくっていければと思っています。

 来年度も開催していきますのでご参加よろしくお願いします
中央包括掲示板
プロフィール

中央地域包括支援センター

Author:中央地域包括支援センター
 地域包括支援センターは平成18年度に設置された高齢者の総合相談窓口です。
 中央地域包括支援センターは箕面市総合保健福祉センター(ライフプラザ)内にあり、箕面市社会福祉協議会が箕面市から受託運営しています。担当するエリアは萱野東、萱野北、萱野、中小校区(稲・船場西)です。
(住所)箕面市萱野5-8-1 ライフプラザ内
(電話)072‐727‐9511

最新記事
カレンダー
Flashカレンダー
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2013.1.4〜)
箕面社協ツイッター
検索フォーム
社協ブログ最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)