スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回中央圏域事業所ネットワーク会議

週末いい天気でしたね~。箕面市では毎年恒例、紅葉を楽しむ方々で賑わっていました。

さて、11月20日(木)みのおライフプラザにおいて中央圏域の介護事業所ネットワーク会議を開催しました。
日常業務で忙しい中、18事業所24名のかたに参加いただきました

今回のテーマは『高齢者虐待と養護者支援』

前半は箕面市での虐待対応の流れや養護者支援の必要性について説明させていただきました。

養護者は高齢者の生活の世話をする家族などで、高齢者にとってキーとなる人です。
その養護者が経済的に困窮していたり、アルコール依存や精神疾患である、また介護の負担感が大きい、介護を一人で抱え込んだり、社会的に孤立するといった状況から、虐待につながっていくことがあります。

虐待の対応として養護者の課題解決も大事であること、養護者が抱えている問題はケアマネージャーや高齢関係だけでは対応できないものが多く、内容によって障害関係や保健所といった多職種で協力して関わっていくことをお伝えしました。

P1000738.jpg
後半は各グループで架空の虐待疑い事例をもとに「私ならこうする」という対応方法やアプローチの工夫、養護者に対しての支援及び関係機関先などについて意見交換をしていただきました。

P1000741.jpg
参加者のみなさんは日々の業務の中で対応に悩んでいるケースがあるとのことで、そういったケースを1事業所で抱え込まないように関わっていくことが必要だということを改めて確認していきました。

参加していただいた事業所の皆様ありがとうございました
次回は3月位に『改正介護保険制度について』をテーマに箕面市全体での開催を予定しています。
スポンサーサイト

大阪府社会福祉大会

 少し前になりますが、11月12日(水)大阪国際交流センターにおいて平成26年度の大阪府社会福祉大会があり参加してきました。
 このイベントは毎年、大阪府社会福祉協議会主催で、府下の民生委員や校区福祉委員会(地区福祉会)、ボランティア、福祉施設等の職員に対しての功労者表彰と記念講演が行われています。

 今回の記念講演は「心が通うつながりづくり~遺品整理の現場から学ぶ~」
講師は孤独死の問題で全国の講演会で引っ張りだこのキーパーズ社長の吉田太一さん
fc2blog_201411140843302ae.jpg

 吉田さんからは、
「死が問題なのではなく孤立化が問題、依頼を受ける8割は男性しかも65歳以下の人が多い、高齢者は周りも気にするが若いとそれがない、世間の夫は妻に看取られると思い込んでおり妻に先立たれた男性は弱い」
といったこれまでの現場での体験を踏まえたお話の後、
「今の若者は更に社会から孤立している人が多い、また未婚が当たり前になっており家族がいる前提そのものも崩れてきている、一人ひとりが周りとつながる意識を持つ、困ったときには助けを求めるといった自助を高める取り組みをしていかないと大変なことになる」と今後更に進むと予想される孤立化の問題を提起されました。
 
 ちょうど前日に60代の独居男性が亡くなっている現場に遭遇したこともあり、非常にタイムリーで考えさせられる内容でした。言われていたように、一人暮らしで頼れる家族が近くにいない人はこれからますます増えていきます。一人ひとりの自覚、地域の支え合い、地域包括等の公的機関による支援それぞれを高めていかないと地域で支えていくことはできないと改めて感じました。
 地域包括としての仕事の仕方だけでなく、いち個人としても、生活力、隣近所・家族との関係など、まずは私自身が変えていかないといけないことがたくさんあるなと考えさせられた講演でした。 

 また、第1部の式典で箕面市で長年ボランティア活動されている清水さんが厚生労働大臣表彰を授与されていました。おめでとうございます

 fc2blog_20141122092040e4c.jpg

テーマ : 地域包括支援センターの話
ジャンル : 福祉・ボランティア

「知って安心・知って得する成年後見制度」

 11月16日(日)箕面市立病院いろはホールにおいて「落語で学び、弁護士さんで納得」と題した成年後見制度の講演会を開催しました。この講演会はみのお介護フェアの一環として箕面市と市内地域包括の社会福祉士が企画して実施したものです。
fc2blog_20141117080906f2c.jpg前半は笑福亭学光さんによる落語。消費者被害をテーマにしたお話を楽しくしてくれました

fc2blog_20141117080939edb.jpg
200名を超える申込みがあり大盛況。会場も満員でした!
fc2blog_20141117103539706.jpg
fc2blog_20141117081017f95.jpg
市内地域包括職員による寸劇 包括の女優メンバーが大活躍

fc2blog_201411170811062a5.jpg

 最後は今回のメイン 小野弁護士による講義 Q&Aをたくさん交え、非常にわかりやすく説明していただきました
参加者も非常に熱心に聞かれているかたが多く「後見人が先に亡くなったたらどうなるの」「兄弟間でトラブルになった場合の対処は?」など質問もたくさん出されました。

 非常に盛りだくさんの内容でしたが、終了後のアンケートには「非常にわかりやすかった、疑問に思っていたことが知れてよかった」と言った感想が大半でした。
 今後も地域包括支援センターとして成年後見制度を知ってもらう活動を続けていきたいと思います。出前講座など依頼をいただければお伺いしますのでよろしくお願いします

テーマ : 地域包括支援センターの話
ジャンル : 福祉・ボランティア

介護フェア2014

fc2blog_201411051255444db.jpg

 11月11日が介護の日であることをご存じでしょうか。11月は介護の日にちなんで全国的に介護関連のイベントが開催されています。
 箕面でも前回お伝えしました成年後見制度の研修会が予定されていますが、昨日からライフプラザのアトリウムで箕面の介護に関するパネル展示が行われています。(~11月17日)
 ライフプラザや市立病院にお寄りの際はぜひご覧ください!
こんな取り組みがあったのかと思う内容が見つかるかも

テーマ : 地域包括支援センターの話
ジャンル : 福祉・ボランティア

介護保険制度改正研修会

 10月28日(火)社会福祉協議会の役職員向けに「介護保険改正と社協の役割」と題して研修会がありました。
 中央包括支援センターは社会福祉協議会が運営しており、業務にも直結する内容でもあり参加してきました。

fc2blog_20141105125504178.jpg
講師は大阪府社会福祉協議会 片岡地域福祉部長 
社協の理事、評議員、地区福祉会会長等会場いっぱいの参加がありました。

概要としては、膨大な制度改正の内容のなかから、
●要支援のかたが市町村が行う地域支援事業へ移行する
●生活支援サービスの担い手として専門職だけでなくNPOや住民ボランティアも含めた多様な担い手が想定されていること
●そうした資源をつくり育成する役割として生活支援コーディネーターの配置が予定されている
 
といったポイントをわかりやすく説明していただきました。

さいごに制度と現状が乖離しないように当事者の声、住民の声を行政へ伝えていくことが社協の重要な役割との話がありました。

 地域包括支援センターは、要支援でサービス利用をされている方たちの現状を一番把握している機関であり、高齢者が安心して地域で生活できる制度となるように提言していきたいと思います

テーマ : 地域包括支援センターの話
ジャンル : 福祉・ボランティア

中央包括掲示板
プロフィール

中央地域包括支援センター

Author:中央地域包括支援センター
 地域包括支援センターは平成18年度に設置された高齢者の総合相談窓口です。
 中央地域包括支援センターは箕面市総合保健福祉センター(ライフプラザ)内にあり、箕面市社会福祉協議会が箕面市から受託運営しています。担当するエリアは萱野東、萱野北、萱野、中小校区(稲・船場西)です。
(住所)箕面市萱野5-8-1 ライフプラザ内
(電話)072‐727‐9511

最新記事
カレンダー
Flashカレンダー
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2013.1.4〜)
箕面社協ツイッター
検索フォーム
社協ブログ最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。