スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己評価

 1月21日に開催されたサービス評価専門員会議において毎年実施しています地域包括支援センターの自己評価シートの報告をさせてもらいました。
この会議は地域密着型サービスや地域包括支援センターの評価や高齢者計画の検討を地域の各団体から選出された委員のみなさんで行っているところです。
 中央包括からは、広報強化、地域ケア会議の枠組みづくりなどに取り組みましたと報告しましたが、委員のかたからは「まだまだ一般の住民は知らない、とくに高齢者の子どもの世代へのPRが必要」とのご指摘。確かに‥
福祉サービス利用の当事者になって初めて知る存在なのが現状です。いかに身近な存在になれるか、認知度アップに向けた取り組みに頑張ります
 
 また、要介護認定になった高齢者の居宅のケアマネジャーへのつなぎ方についてもご質問がありました。本人家族の意向を踏まえてつないでいますが、公正中立な役割を求められる地域包括として誤解を与えないようにしたいと思います

スポンサーサイト

テーマ : 地域包括支援センターの話
ジャンル : 福祉・ボランティア

要援護者の救助訓練を実施しました!

1月17日の全市一斉防災訓練において、如意谷住宅の訓練に参加させてもらいました
如意谷地区は昨年豪雨による避難指示が出されたこともあり、今回一人で避難ができない人を想定した訓練として何かできないかを自治会に相談させてもらったところ、実施していただけることになり一緒に訓練をしてきました。
内容としては如意谷住宅はエレベーターがない団地のため一人で階段を降りれない高齢者をタンカで高層階から運び公園まで避難させるというものです。
防災ステーションのタンカを出すところからうまくいかず時間がかかってしまいましたが、このタイプのタンカだと使えない、タンカが使えたとしても高齢者が持つなら3~4人必要といったことを確認できました。失敗も訓練です
数名のメンバーでの実施でしたが高齢化が急速に進む如意谷住宅で隣近所で助け合えるためにどんなやり方が必要かを考える機会になったのではと思います
 昨年の避難指示で避難に関する不安の声をたくさん聞きました。これをきっかけにそうした人への取り組みにつながっていけばと思っています。
ご協力いただいた自治会のみなさん、民生委員のみなさんありがとうございました


集会所前で安否確認状況の報告

一次避難場所から避難所の二中へ出発
救助訓練
避難対象者を担架へ
fc2blog_20150119071043674.jpg
自治会のかたに要援護者役になってもらい3人がかりで4階から1階へ
避難誘導
1階で車いすに移ってもらい山手公園へ避難。下の坂は車椅子だと怖いなとのお声も

テーマ : 地域包括支援センターの話
ジャンル : 福祉・ボランティア

全市一斉防災訓練

明日の1月17日は全市一斉の防災訓練です。
各地区で自治会を中心に安否確認、避難訓練が行われます。
日頃はなかなか地域の行事に参加できていない方も多いとは思いますが、こうした機会に参加していただき地域とのつながりのきっかけにしていただければと思います。
中央包括も如意谷地域の訓練に参加を予定しています。
地域で気にかけあい助け合える地域づくりに取り組んでいきましょう!
 
避難

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします❗️
仕事始めは1月5日(月)からになります

中央包括掲示板
プロフィール

中央地域包括支援センター

Author:中央地域包括支援センター
 地域包括支援センターは平成18年度に設置された高齢者の総合相談窓口です。
 中央地域包括支援センターは箕面市総合保健福祉センター(ライフプラザ)内にあり、箕面市社会福祉協議会が箕面市から受託運営しています。担当するエリアは萱野東、萱野北、萱野、中小校区(稲・船場西)です。
(住所)箕面市萱野5-8-1 ライフプラザ内
(電話)072‐727‐9511

最新記事
カレンダー
Flashカレンダー
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2013.1.4〜)
箕面社協ツイッター
検索フォーム
社協ブログ最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。