新しい総合事業のまとめページについて

 箕面市ではこの4月から新しい介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)がスタートします。
もう直前の時期ですが、まだまだ決まっていないこともあり毎週のように市高齢福祉課と地域包括の職員とでルールづくりについての話し合いをしている状態です
 3月末に開催される事業者向け説明会では箕面市ルールが説明される予定ですが、そもそもどんな制度なのかよくわかっていないかたも多いと思います。
 2月に開催された事業所向け説明会でも制度概要は理解しているうえでの説明となっており、話されている内容がわからなかったとの声も聞いています。

 3月の説明会に参加されるかたは、厚労省のホームページのなかに、この総合事業にかかる資料をまとめたページが出来ていますので、まずはこのページの資料を呼んでいただき概要を把握してもらえればと思います。 → こちら
 資料を読んでわからない点はどんどん質問票で送り疑問点をなくしていきましょう

テーマ : 地域包括支援センターの話
ジャンル : 福祉・ボランティア

制度改正第2回事業者説明会が開催されます!

 2月末に行われました介護保険制度改正にかかる事業者説明会の2回目の日程が箕面市ホームページで発表されています。第1回で決まっていなかった検討事項について箕面市としての方針が示される予定です。
 介護保険事業者のみなさま大変お忙しいとは思いますがご参加ください

【日程】 事業所種別ごとに設定されています
3月24日(火) 居宅介護支援事業所 
3月26日(木) 訪問介護
3月27日(金) 通所介護
時間についてはいづれも 10~12時 18~20時

【場所】 箕面市総合保健福祉センター分館2階 講堂

【内容】 新しい総合事業について 


【申込み】 申込みはこちら  締切3月18日      


テーマ : 地域包括支援センターの話
ジャンル : 福祉・ボランティア

第2回 多職種連携研修会

 3月に入りましたが、寒い日が続きますね
 
 報告が遅くなりましたが、2月21日に第2回 多職種連携研修会がありました。今回のメインは『認知症になっても安心して外出できるまちをめざして』をテーマに福岡県大牟田市の10年間の取組みを聞きました。
大牟田市は、箕面市と人口はそんなに変わりませんが、高齢化率が32.9%と10%近く高い地域になります。そのため、小中学生向けの認知症サポーター養成講座や認知症の方の見守り・声かけ模擬訓練等が以前から取り組まれており、講演を聞いていても勉強になることばかりでした

P1000796.jpg
(箕面市医師会 古河医師による進行)
P1000799.jpg
(大牟田市 梅本さんによる講演)
 その後は、『独居で認知症の方が徘徊された時』という事例を基に、グループワークをしました。多職種というだけあって、箕面市の開業医の先生・歯科医師・保健所の職員・薬剤師・箕面市の病院職員・箕面市職員・ケアマネジャー・包括職員と本当にさまざまな職種で話合いをしたので、普段聞けない意見を聞くことができたり、とても参考になりました

P1000793.jpg
(多職種100名を超える参加者でのグループ討議)
P1000830.jpg
(グループ発表 様々なアイデア・工夫が発表)

テーマ : 介護保険・ケアマネのこと
ジャンル : 福祉・ボランティア

中央包括掲示板
プロフィール

中央地域包括支援センター

Author:中央地域包括支援センター
 地域包括支援センターは平成18年度に設置された高齢者の総合相談窓口です。
 中央地域包括支援センターは箕面市総合保健福祉センター(ライフプラザ)内にあり、箕面市社会福祉協議会が箕面市から受託運営しています。担当するエリアは萱野東、萱野北、萱野、中小校区(稲・船場西)です。
(住所)箕面市萱野5-8-1 ライフプラザ内
(電話)072‐727‐9511

最新記事
カレンダー
Flashカレンダー
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2013.1.4〜)
箕面社協ツイッター
検索フォーム
社協ブログ最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)