保健所「在宅難病支援研修」



3月15日(金)池田保健所主催の「神経筋疾患患者の理解と在宅療養支援」関する研修に参加してきました。
講師は豊中神経内科クリニックの大城言語聴覚士。嚥下の仕組みとコミュニケーションボードの使い方を講義と演習でわかりやすく教えていただきました。
 誤嚥と言ってもその機能レベルによって誤嚥の仕方が様々あること、コミュニケーションボードで理解することの難しさなどがよくわかりました

 ALSなど在宅の難病患者へのサポートに中央包括も関わらせてもらっていますが、進行性の難病のかたへの在宅支援はリスクをどう減らして生活を支えていくかていくか判断が難しいことの連続です。包括としても担当のケアマネをサポートしながら、その人らしい生活を支えていくお手伝いをしていきたいと思います。
 こうした研修を通じてそうしたサポートをしていけるように頑張ります!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

中央包括掲示板
プロフィール

中央地域包括支援センター

Author:中央地域包括支援センター
 地域包括支援センターは平成18年度に設置された高齢者の総合相談窓口です。
 中央地域包括支援センターは箕面市総合保健福祉センター(ライフプラザ)内にあり、箕面市社会福祉協議会が箕面市から受託運営しています。担当するエリアは萱野東、萱野北、萱野、中小校区(稲・船場西)です。
(住所)箕面市萱野5-8-1 ライフプラザ内
(電話)072‐727‐9511

最新記事
カレンダー
Flashカレンダー
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2013.1.4〜)
箕面社協ツイッター
検索フォーム
社協ブログ最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)