高齢者虐待初任者研修

 6月10日、14日の二日間。大阪府主催の高齢者虐待対応初任者研修に参加してきました。
平成18年4月に高齢者虐待防止法が施行されて7年が経ちますが、高齢者虐待の相談・通報は増えています。
平成23年度は大阪府下全体で2,025件の通報があり、そのうちの約半分が虐待と認定されているとのことでした。
※大阪府の高齢者虐待関係の概要についてはこちら 

今回の研修では、そもそも高齢者虐待とは何なのかといった定義と実際に通報があった際の対応の流れをDVDでわかりやすく教えてもらいました。身体拘束、経済的虐待といった内容も家族による介護、管理に対してどこで線引きするかを具体的に考えると本当に難しいと感じました。
 講師の先生からも緊急性の判断をどこでするかについて、児童虐待ほど明確に規定されている訳ではなく総合的な判断になる、主観は入れずチームで客観的に判断することが大切とのお話でした。
 箕面でも相談・通報があれば、地域包括と市高齢福祉課のメンバーでコアメンバー会議を開催して虐待対応について協議をしています。今回のお話を踏まえてよりチームでアプローチする形を徹底していきたいと思います。

 当日見させてもらったあいち介護予防支援センター作成の虐待対応DVDはホームページでも見れるとのことです。一度見てみてください。 → ホームページはこちら

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

中央包括掲示板
プロフィール

中央地域包括支援センター

Author:中央地域包括支援センター
 地域包括支援センターは平成18年度に設置された高齢者の総合相談窓口です。
 中央地域包括支援センターは箕面市総合保健福祉センター(ライフプラザ)内にあり、箕面市社会福祉協議会が箕面市から受託運営しています。担当するエリアは萱野東、萱野北、萱野、中小校区(稲・船場西)です。
(住所)箕面市萱野5-8-1 ライフプラザ内
(電話)072‐727‐9511

最新記事
カレンダー
Flashカレンダー
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2013.1.4〜)
箕面社協ツイッター
検索フォーム
社協ブログ最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)