スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅医療講習会

 6月15日(土)箕面市立病院いろはホールにおいて、医師会主催の在宅医療講習会に参加してきました。
この在宅医療講習会は、医師会がケアマネジャーや地域包括等を対象に在宅医療に関する医療知識を身につけてもらう目的で開催していただいているものです。

今回のテーマは「創傷・褥瘡について」箕面市立病院形成外科の桑江先生からお話いただきました。
 医療の現場では当たり前になっていることでも、福祉関係者は知らないことも多いです(私だけかな・・)。今回の内容でも傷を治すために必要な内容を「かさぶたははがしたほうがよいか?」といった具体的な例をあげてわかりやすく教えていただきました。
 正解は「はがして乾かさない対応が一番とのこと」かさぶたがあると治癒がおくれる。感染源になる可能性もあり残す必要はないとのことでした。「傷は乾かしたほうが良い」というのは迷信とのお話でした。皆さんはご存じでしたか?

 あと在宅ケアをするうえで関わることが多い褥瘡や糖尿病からくる壊死といった内容についても基本的な考え方と治療のプロセスを教えてもらいました。
 こうした研修で苦手な部分をなくし、医療との連携をスムーズにしていければと思います。医師会及び講演いただいた桑江先生ありがとうございました!  
                      中央包括 松浦



雨の市立病院。当日は大雨でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

中央包括掲示板
プロフィール

中央地域包括支援センター

Author:中央地域包括支援センター
 地域包括支援センターは平成18年度に設置された高齢者の総合相談窓口です。
 中央地域包括支援センターは箕面市総合保健福祉センター(ライフプラザ)内にあり、箕面市社会福祉協議会が箕面市から受託運営しています。担当するエリアは萱野東、萱野北、萱野、中小校区(稲・船場西)です。
(住所)箕面市萱野5-8-1 ライフプラザ内
(電話)072‐727‐9511

最新記事
カレンダー
Flashカレンダー
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2013.1.4〜)
箕面社協ツイッター
検索フォーム
社協ブログ最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。